ディナー太郎

夕食の記録用(たまに朝食や昼食)

2021-06-12 夕食

f:id:queigo81:20210612202123j:plain

f:id:queigo81:20210612202134j:plain

f:id:queigo81:20210612203816j:image

飛騨牛ミスジ・イチボ・ランプ)、豆もやしナムル、胡瓜と針生姜の浅漬、冷やしトマト、辛味大根おろし、酒

 

使用人稼業の唯一のお楽しみ、賞与が出たので少し贅沢をした。酒(日本酒)を飲みながら焼肉を食べるときはどうしたら良いかを考えてみた。

調味料は、焼肉のタレ・醤油・大粒の岩塩、薬味は粗みじんワサビ、辛味大根、黒胡椒を用意した。

赤身メインなので、醤油+辛味大根が一番美味かった。大粒の岩塩は美味いがやや、歯触りがかったるい。焼肉のタレは論外で、早々に退場いただいた。

ただしミスジはやや脂が強く、辛味大根は負けてしまって、醤油+粗みじんワサビ、もしくは岩塩+粗みじんワサビが美味かった。

これがカルビなど、もっと脂が強くなってくるとさらに話が変わってくると思う。素直に焼肉のタレか、卵黄醤油などがいいのではないか。酒に合わすのは難しい。

以前に魯山人すき焼きを真似してやってみた。あれも大根おろしと、ほぼ醤油で牛肉を食べるもので、昭和初期のおっさんの考える一番美味い焼いた牛肉の食べ方という面持ちがあった。であれば素直に焼肉にしてみたらどうなのかな、酒と合うかもな、と思った次第。

余ったら肉じゃがかなんかにしよう、と思いつつ計600g以上も牛肉を購入してしまったが、上記の食べ方と野菜を織り交ぜ、なんと完食してしまった。自分でも驚いている。

2021-06-09 夕食

f:id:queigo81:20210609210735j:plain

f:id:queigo81:20210609210747j:plain

f:id:queigo81:20210609210757j:plain

f:id:queigo81:20210609210809j:plain

函館産サクラマスの刺し身、いくら醤油漬け、甘長唐辛子の焼きびたし、ベビーチンゲン菜に塩、酒、飯、富山産ウイスキー

 

塩辛のついでに買ったサクラマスのサクを解凍して刺し身にした。ルイベがオススメとのことだが、小学生のときに鮭狂いの理科の先生(良い人です)に実験室で食わされて、すごく苦手な食べ物(生臭いシャーベット)になっているので、普通に刺し身にした。

冷凍技術にこだわる食品卸業者だけあって、刺し身、美味かったけどサクラマスは火を入れた方が俺は好きかな。もう1本小さいサクがあるので、ミキュイにしてオリーブオイルと酢などかけて食べる方が良いかもしれない。

とにかく俺は生臭いのがダメなのだ。嗅覚のうち、トリメチルアミンのレセプターを焼き切る手術があるのであれば自由診療でも受けたいくらいダメ。

いくらは昨年の秋に漬けたもののラスト。妻の実家のもの(市販品)は冷凍しすぎてダメになったと聞いて慌てて食べたが、うちのは全然大丈夫だった。

甘長唐辛子はこの食べ方が簡単だし、一番美味しいな、と思った。そして、千住太郎はこれが好きだろうな、食べさせてあげたいな、と内なる母性が目覚めた。次点で味噌汁(赤だし)。

長らくチューハイに依存してきたが、できるだけ距離をおけるように努力している。

2021-06-08 夕食

f:id:queigo81:20210608191302j:plain

f:id:queigo81:20210608191312j:plain

f:id:queigo81:20210608191323j:plain

オランダ煮、ベビーチンゲン菜のナムル、叶のお惣菜ワクワクセット、シャウエッセンエッグ、チューハイ

 

先日、叶に行きたすぎて店を見に行ったら「お惣菜だけ販売します」と張り紙が貼ってあるのを発見した。あらかじめ電話をして向かったのだが、店についたら叶の方で俺が買って帰るものが勝手に決められていた(笑)ので、それを買ってきた。21日から店も再開する予定なので今から楽しみだ。お母さんは元気だった。

冷めた惣菜で酒を飲むのも一興(特に細麺のナポリタン)なのだが、他のおかずも冷菜だったので無性に温かいものが食べたくなり、2分半茹でたシャウエッセンと卵を焼いて食べた。スキレットで焼いた目玉焼きは妙に美味い。

栄の地下街にある、朝からやっている酒場の酒津屋には「マルシンハンバーグ」なる、同じくスキレットマルシンハンバーグと目玉焼きがセットになったメニューがある。あれに習って味付けはケチャップとソースにした。毎日は食いたくないが、非常に美味い。

2021-06-07 夕食

f:id:queigo81:20210607204217j:plain

f:id:queigo81:20210607204226j:plain

f:id:queigo81:20210607204237j:plain

f:id:queigo81:20210607204246j:plain

茄子と甘長唐辛子のオランダ煮、鰤と銀鮭の粕漬け、ほうれん草のおひたし(正統派)、胡瓜の即席お新香、チューハイ

 

揚げたての茄子が美しすぎて、つい週末になるとオランダ煮を作ってしまう。そして週明けに食べる。盛り付けが悪くて(甘長唐辛子を揚げすぎた)クトゥルフ神話の化け物のようになってしまったが、美味い。

粕漬けのストックがなくなってしまったので、また漬けなければ。粕床も次回で限界かな。

 

<揚げたての宝石のような茄子>

f:id:queigo81:20210607204835j:plain

 

2021-06-06 夕食

f:id:queigo81:20210606211342j:plain

f:id:queigo81:20210606211353j:plain

f:id:queigo81:20210606211404j:plain

f:id:queigo81:20210606211414j:plain

f:id:queigo81:20210606211426j:plain

かき揚げ(海老・三つ葉・玉ねぎ)、細もずくと茗荷、タコとホタテの刺し身、きゅうりの即席お新香、爆散した海老の亡骸、酒

 

先日、調子こいた事を言っていたら覿面に天罰が下り、かき揚げを大失敗してしまった。またもや爆散。しかし、以前より少しだけスキルが上がったようで爆散しても何とか一つはまとめることができた。肝心の味は前回の成功例の方が全然上。

 

おそらくだけど、衣をゆるく作りすぎたこと、油の温度が高すぎた(180度表示)ことの2点が原因だと思う。悔しいので再チャレンジします。

 

噴火湾産のホタテの刺し身が美味かったのが救い。

2021-06-05 夕食

f:id:queigo81:20210605205005j:plain

f:id:queigo81:20210605205015j:plain

f:id:queigo81:20210605205024j:plain

f:id:queigo81:20210605205034j:plain

手羽先揚げ、名古屋コーチン塩焼き、新玉ねぎのスライス、冷やしトマト、ほうれん草のおひたし(正統派)、ビール

 

昨日のフラストレーションをぶつけて、本日は鶏づくし。名古屋コーチンはやっぱ美味いな。味付けは塩のみ。フライパンで20分かけて焼いた。

昨日の怒りは明日にも続きます。

 

かっぱ橋でまとめて買った業務用の箸がとうとう全滅したので新しい箸を購入。木曽檜でちゃんとした漆で仕上げてるのに異常に安い。

 

<おまけ>2年ぶりに実山椒を漬けました。相変わらず枝を外すのが面倒だった。

f:id:queigo81:20210605205235j:plain

f:id:queigo81:20210605205247j:plain